インフルエンザウィルスについて


インフルエンザウイルス

直径1万分の1ミリ(100nm)の多形性のオルソミクソウイルス科のRNAウイルス。核蛋白と膜蛋白の抗原性により、A,B,C型の3つに大別。
Flu virus Credit: NIAID

感染の仕組み
ヒトに感染した場合、鼻腔や咽頭粘膜表面の上皮細胞にあるシアル酸に吸着、細胞に取り込まれ、 膜融合によってリボヌクレオプロテイン(RNP)が細胞内に放出、細胞核へ移動し中で増殖。
ウイルス粒子の形でノイラミニダーゼの働きにより細胞から切り離され、細胞外へ放出。

種類
A型、B型のウイルスでは、ウイルス粒子表面から棘状に突出したスパイク蛋白であるHA(赤血球凝集素)と NA(ノイラミニダーゼ)がウイルスの感染や増殖後のウイルス放出に重要な働きをしている。  
A型ウイルスではHA16種類、NA9種類が報告され、様々に組み合わされヒト、ブタ、トリなどの宿主に分布。
A型は多種の宿主を持ち人と動物の共通感染症、特にカモはすべてのHA亜型とNA亜型のA型インフルエンザウイルスを保有し 「自然宿主」として注目。
(ウイルスはカモなどの腸上皮細胞で複製出来るよう適応しており、感染後無症候のトリの糞より周囲のブタ、ヒトへ伝播する
ヒトの呼吸器上皮細胞はカモ等の腸上皮細胞に最も類似している。)
B型のインフルエンザウイルスではHA, NAはそれぞれ1種類。
C型もHE(ヘマグルチニンエステラーゼ)のみ持ち、やはり1つの亜型のみ。

免疫と抗原変異
ヒトがあるウイルス型に対して免疫を獲得しても、異なるスパイク蛋白をもつウイルスに対してはその免疫 が効かないため、1シーズンにA/ソ連型(H1N1)インフルエンザにかかったあとA/香港型(H3N2)にかかったり、 A型インフルエンザにかかったあとB型インフルエンザにかかったりすることがある。

インフルエンザウイルスのHAとNAは、同じ亜型の中でもわずかな変化が常に見られ(連続抗原変異または小変異)、 抗原性に変化を生じヒトの免疫機構から逃れ、感染を受けた場合それまでの免疫で防げない場合がある。

以上より毎年A型インフルエンザに感染することがあり、インフルエンザの流行も毎年起こる。

変異の幅が大きいほど宿主免疫効果は低く、感染発症時の症状も強くなる

A型は上記の様に数年から数十年単位で流行が続き、突然別の亜型に代わることがあり新型インフルエンザウイルスの出現となる。 (不連続抗原変異または大変異)

1918年からスペイン型(H1N1)は39年間、1957年からアジア型(H2N2)が11年続いた。
1968年には香港型(H3N2)が、ついで1977年ソ連型(H1N1)が加わり、現在はA型H3N2とH1N1、およびB型3種のウイルスが世界共通の流行株。
すでにA/香港型(H3N2)が38年、A/ソ連型(H1N1)が29年連続していて、これまでの歴史よりいつでも新型に置き換わり得る。

新型インフルエンザ免疫を持つヒトは無く、出現した場合合併症による被害が大きいことが予測され、世界的に対策が進められている。



戻る