アレルゲン免疫療法

 自然経過を改善させることが可能な治療法 一般的な対症療法とは異なります。

 アレルゲン(アレルギーの原因物質)を実際に投与する為、アレルギー反応が起こる可能性があり、まれに重篤な症状(アナフィラキシー等)が発現する可能性があります。

 治療は長期間に渡ります。(3年から5

 全ての患者様に効果が期待できるわけではありません。