アナフィラキシー

特に重要な副作用であるアナフィラキシー反応についてご説明致します。

アナフィラキシー反応とは

        医薬品等に対する急性過敏反応により、投与後通常530分以内に死に至りうる全身の過敏反応

        特徴的症状は急速に悪化する致命的な気道または呼吸・循環の異常で、通常は皮膚・粘膜変化を伴う。

        蕁麻疹等の皮膚症状、消化器症状、呼吸困難等の呼吸器症状が同時または引き続いて複数臓器に現れる。

        血圧低下が急激に起こり意識障害等を呈することをアナフィラキシーショックと呼びます。
   生命の維持上、特に危険な状態です。



舌下免疫療法をご希望の患者様においては、その治療効果を十分に得るためにも、上記のアナフィラキシーの知識とアナフィラキシーを早期に
認識しうる症状の理解が特に必要となります。




アナフィラキシーを早期に発見しうる症状

 舌下免疫療法施行中に以下の症状が出現した場合、直ちに医師へご連絡下さい。

  皮膚症状

    蕁麻疹、掻痒感、紅斑・皮膚の発赤等の全身的な皮膚症状

  消化器症状

    胃痛、吐き気、嘔吐、下痢等

  眼症状

    視覚異常、視野狭窄等

  呼吸器症状

    嗄声、鼻閉塞感、くしゃみ、咽喉頭掻痒感、胸部絞扼感、犬吠咳嗽、呼吸困難、喘鳴、チアノーゼ等

  循環器症状

    頻脈、不整脈、血圧低下等

  神経関連症状

    不安、恐怖感、意識混濁等